スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年度 定期総会が開催されました。

5月14日に標記総会が開催されました。

開催場所は、例年ですと四谷のハピネス・ケアですが、今年は事務局のあるビルの近隣のAP西新宿にしました。

1006112.jpg

 会場風景(出席者総数31名、委任状121名)

ハピネス・ケアは、借用料金が非常に安い割に立派な部屋なのでとても気に入っていたのですが、
改装工事中ということで、やむなく変更しました。

8月15日に工事完了引き渡しとのことなので、早速8月28日(土)の意見交換会の予約を入れ無事予約できました。
皆様、予定に入れておいてください。
講演テーマは、最近急速に技術が進歩し納入実績も増えてきた“光触媒脱臭装置”に関し、関連技術のJIS化動向、装置の稼動状況などの解説を予定しています。

総会だけには毎年必ず出席して下さる方など久しぶりに会える方もおられるので、毎年楽しみにしています。

おかげさまで、議事は特に問題なく順調に進行し承認されました。

1006113.jpg

資料を説明する事務局(中 伊藤)
小坂会長(左) 山口常任理事(右)


今年度も頑張れとの励ましをいただいたと勝手に解釈し、少しでも前向きに発展するよう励む所存です。
皆様ご支援のほどよろしくお願いいたします。

今年度は、社会貢献活動において、目に見える成果をあげることが重要な課題となりました。
会員各人それぞれの居住地域などで、においに関する社会貢献の実践を推進していただくこととなりました。
NPO化への基盤つくりとして、なんとしても推進しなければなりません。
まず、居住地域の自治会、区役所、市役所などに、臭気に関する専門家ということで売り込みにいっていただくことからはじめたいと思っています。
(希望者には、当会会員であって臭気判定士であることを明記した名刺を有償で作成・配布いたします。後日、申し込み様式を配布します。)

調査や講演の依頼案件が皆様の不得意分野であったり、調査に多くの器材を必要とするような会社組織で取り組まなければならないような場合には、事務局にご連絡いただければ、内容を検討し対処法を助言いたします。
当然のことですが、会員同士で援助しあって自主的にすすめていただくことも大歓迎です。
各人の背景・事情(年齢・体力、所属会社との契約事情、得意分野、技量、経験、家事との両立など)があって、
簡単にはいかないとは存知ますが、皆さんは臭気に関する試験に合格し資格を取得されている方々なので、
とにかく与えられた課題と自ら能力で対応可能かどうか判断し、可能ならばどんどん自主的に対応していただくことを期待しております。
専業主婦であった方でも子育てが終わり、自分の資格(勉強したこと)を活用して地域に貢献したいと思われている方、現役を退かれ年金生活に入った方で地域に貢献したいとお考えの方など、
一般の方よりはにおいのことをご存知ですので、においを通して地域の方々とコミュニケーションを拡げていかれるのはいかがでしょうか。

これらの具体的な進め方については、後日、ご案内文をお送りします。


1006114.jpg
 懇親会開会挨拶 小坂会長 


1006115.jpg

 懇親会 (参加者 31名)


第2回、第3回理事会及び総会議事録は、後日会員全員の方にメールや郵便にてお送りします。

(事務局 伊藤)
スポンサーサイト

平成22年度第1回理事会が開催されました。

4月21日(水)に新宿ルノアールの会議室で標記理事会が開催されました。


1.jpg



運営業務に直接係わる事項は常任理事会(5名)で協議し運営していますので、
この日の理事会のように理事全員(9名)が同時に顔を合わせる機会は年に2回程度です。

久しぶりにお会いする方もいらっしゃるので、まず各人の近況報告など、
和やかなに挨拶を交わしながら会議が始まります。

この時期におけるテーマはやはり定期総会に向けての諸事項照査・検討・討議です。
なかなか、厳しいご意見が多く事務局は緊張しております。

とは言っても、会議後の懇親会が楽しみで、粘り強く我慢することができます。

議事録は、後日会員の皆様全員に、総会の議事録などとともにメールや郵便でお送りします。

(事務局 伊藤)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。